上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。

1階の間取りのご紹介が終わったところで、最近の出来事も書きたいと思います。
本日は新しく購入した家電のお話 第2弾 アイロン編です。

新居に引っ越すにあたり、家具も家電も極力使えるものは引き続き使用し、足りないものだけ買い足したdoofenshmirtz家です。

当初新たに購入する家電は先日ご紹介した掃除機と、内釜のコーティングがところどころはがれてしまった炊飯器のみの予定でした。

が、新居に越してから初のアイロン掛けの途中にアイロンが故障、逝ってしまわれました
結婚以前から夫が使っていたそのアイロンは、よく見ると2002年製と書かれておりました。
10年使用したので、家電としてはそこそこではないでしょうか。

実はこのアイロン、充電式のコードレスだったのですが、温まるまで時間がかかり、かけては温め、かけては温めしなければならなかったので、時間が非常にかかっていました。
それにとても軽いアイロンだったので、力をかけなければきれいな仕上がりにならず、アイロン掛けが億劫になるようなアイロンでした。

今回アイロンが壊れた時に夫に「このアイロンずっと嫌だったんだよね~」と話したところ「買いかえれば良かったのに」と言われましたが、まだ使える家電はなかなか買い変えられないですよね!?

というわけで、今回は後悔のないように熟考を重ねた結果、コードレスが主流の国産メーカーは避け、頑なにコード付を作るティファール社に白羽の矢を立てました。
輸入住宅に住まう方は、やはり家電も海外製を使うことが多かったりするのでしょうか!?

我が家ではフライパンやお鍋でお世話になっているティファールですが、電気ケトルも有名ですよね。
アイロンも同じ電気で蒸気を立ち上げる系(どんな系)で、スチームの威力がすごいというウワサ。
おまけにHPを見ると、アイロンのかけ面はフライパンと同じくセラミックコーティングされていて、大変滑りがいいんだとか。。。

多くの機種が出ているようですが、イマイチ大きな違いがわからず、やや上位寄りの機種を選ぶことにしました。

というわけで選んだのがコチラ
ultraglide1.jpg
ウルトラグライド4670です

やっぱりコード付はパワフルです
今まではアイロンが充電している間はボーっと待っていましたが、ボーっとしているひまもなくアイロンがかけられるので、大幅な時間短縮になりました。
節電もできてecoなんじゃないでしょうか

スチーム量も申し分なく、大きめサイズの夫のYシャツもあっという間にかけることができます♪
家事の中でも嫌いな部類だったアイロンがけですが、一気に好きの部類になり、ちょっと空いた時間にもアイロンがけができるようになりました。

コード付き。
時代に逆行するようですが、おススメですよ。


更新の励みになります
ワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
最近回想記事が続きましたので、新生活の様子もお伝えしようと思います。

いろいろと書きたいネタはあるのですが、家づくりのことは時系列にある程度沿って書きたいし…と思い、今回は新たに購入した家電について書きたいと思います。

新居に引っ越すにあたり、真っ先に購入した家電が掃除機でした。

恥ずかしながら結婚して8年目になるこれまで、ずっとタテ型コードレスの掃除機を使用していました。
新婚の頃はそれで事足りていたし、それ以降は住まいが狭く、とても一般的な掃除機を置くスペースもありませんでした。
途中からは子供も生まれて、吸い取りに満足できなかったので、マキタのコードレスに買い変えて。
マキタの掃除機は、新幹線の車内清掃にも使われているだけあって、充電式の割にパワフルです。

こんな感じの掃除機です
こんな感じの掃除機を使っていました。

もちろんこちらも新居で活躍しています。
階段とか、ちょっとした食べこぼしがあった時など、普通の大きい掃除機をリビング内の納戸から出してくるよりも、圧倒的に便利です軽いし

でも新居は広いですし、コレ一台では充電が心配。
今度は置く場所も確保しているし…ということで、今回新たに購入したのがコチラ

K0000285213.jpg

三菱電機製のその名も雷神でございます。

年に2回花粉症になる私としては、サイクロン式で直接ほこりに触れるのは抵抗があり、コストはかかりますが紙パック式にしました。

こちらを選ぶ決め手となったのは

1.同じ紙パックで今までの2.4倍のごみをためられること(経済的です)

2.回転ブラシに毛がらみ除去機能がついていること

特に、マキタ以前のタテ型コードレスの回転ブラシに私のなが~い髪の毛が絡まって大変なことになった記憶があったので、この機能を知ったらこの掃除機以外考えられなくなりました(笑)

他社製では、掃除機をかけながら床を拭き掃除してくれる機能がついたものもあって結構な人気のようですが、我が家では毛がらみ除去機能の方に軍配が上がりりました。

しかし売り場では圧倒的にサイクロンが優勢ですね。
紙パック式は売り場面積も狭く、お目当てのこの掃除機も、何店か回りましたが、1店でしかお目にかかることができませんでした。


価格.comで下調べをして、ふらっと入った電気店で、結構お安くなっていたのでその場で予約。
引っ越してから引き取りに来ることとしましたが、引き取りに来た時点でもっと安くなっていれば、その安い値段で売っていだけるということでした。
更に、引き取り時、他の電気店でもっとお安くなっていれば、その旨を相談すればもっとお安く!!!ということでした。

が、結局なんでもない11月の方が、年末(しっかり値段をチェックしに行き安くなっていればこの時点で引き取ろうかと考えていました)や年明け1月の引き取り時よりも安かったので、この時買っていて本当にお得でした

肝心な使い心地ですが、今の掃除機は吸引時も軽くて操作がしやすくてびっくりです。
それでも、部屋のすみにヘッドが当たると吸引の手ごたえを感じるので、ちゃんと吸っているんですね。
もちろんコードレスではないので、時間を気にせず掃除に専念することができます。
それに音が静かで、大きいのにマキタよりも静かなくらいです。

納戸から出すのがちょっと面倒にも感じますが、マキタよりも圧倒的な吸引力があるので、きちんと掃除する時はやっぱりこちらを使っています。
どうしてもマキタは使用時間が長くなると吸引力が落ちてきてしまうので、最後の方は吸いきれなくなってしまうんですよね。。。

毛がらみ除去機能の方は、まだ使っていないので、そのうち使ったらレポしたいと思います。


本日もお読みいただきありがとうございました。
読んだよのしるし代わりにポチっとお願いします
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。