上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。

本日からは照明のお話をしていきたいと思います。

どの部屋にいくつの照明をつけたかのプランニングは以前コチラの記事でご説明した通りなのですが、照明器具は本当にいろいろ迷いました。

ちなみに我が家の3大悩んだものはクロス、照明器具、カーテンでした。
どれも、種類が膨大なカタログから選ぶから大変なのかな

父の助言もあって、Cホームさんを通してオーデリックさんに照明のプランを作っていただいたので、どの場所に何Wくらいの照明が必要か…ということは、と~~~~~っても参考になりました。
やっぱりこの照明プランがなかったら、どのくらいのW数が必要かなどが全く分からず、デザインだけでトンチンカンな明るさの照明器具を選んでいたと思われます(まぁ電球にしろ蛍光灯にしろ明るさが足りなければ買いかえればいいだけの話なんですが、どうせなら無駄な買い替えは減らしたいですよね

ネット等で、照明屋さんが作るプランは必要以上に明るすぎるなんて話も聞きますが、確かに実際その通りではあります。
我が家でもここ、こんなに明るさいらないんじゃない!?という場所もあります。
が、やっぱり後付けできないものですし、暗くて困るよりはいいのかな。

複数社のカタログの中から、デザインだけであてもなく探す…というのは大変。
しかも、値段を比較したりすると尚更です。

初めは気に入った照明器具を見つけると、やみくもにカタログに付箋を貼っていましたが、どの場所に何W必要なんだっけ???とか、蛍光灯にするのか白熱灯(後でLED電球に変える目論見で)にするのか???とか、はたまた蛍光灯(or蛍光灯型電球)なら昼白色にするのか電球色にするのか???や、照明器具はシーリングにするのかペンダントにするのかブラケットにするのか???といった項目の表をEXCELで作ってしまいました。
相変わらず、自分でもマメだなぁと思ったりします

でも、この表を作ったことで、気に入った照明でも、ついている蛍光灯のW数が足りない…だとか、昼白色が良いのについてくるのは電球色だわ…とか、カタログを見ながら取捨選択することができて、非常に便利でした



ところで、今は照明の色、昼白色は明るすぎると電球色が流行りのようですが、私も夫も(ちなみにこどもまで)電球色では暗く感じて落ち着きません
なので、主に過ごす居室(LDKや各部屋)は全て電球色を避けることにしました。
あと、自然な色の中で鏡を見たかったので、洗面所も電球色ではなく、昼白色にしています。

まぁ、LDK以外は気に入った照明器具の関係で、電球色になった部分もあるのですが。

次回からは各部屋の照明をご紹介していきたいと思います。


本日もおつきあいいただきありがとうございました。
更新の励みになりますので、読んだよのしるしがわりにポチっとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://doofenshmirtz.blog.fc2.com/tb.php/122-ec8bed30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。