上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。

今日は前回の続きです。


前回は、家具屋さんにカーテンの見積もりをお願いしたという話で終わりましたが、夫と共に家の間取り図、窓の形状図を携えて打ち合わせに行って参りました。

そして1週間程度で見積もりができると言うことで待っていたのですが、1週間経っても連絡が来ず。
数日後に連絡があり、夫に見積もりを取りに行ってもらいました。

すると。
こちらが依頼した通りになっていないんですよね、見積もりが。
例えば、シェードと指定したところがドレープになっていたり、などなど。

見積もりの期日が遅れた上に、内容も間違っているなんて言語道断!と、こちらのお店とは縁がなかったと考え、初めに行った、おじさん一人でやっている小さなお店の方に依頼することにしました。

こちらのお店はCホームのお家のカーテンは手掛けたことがなかったようで、もちろん我が家で取り入れたカナダ製の窓もその時が初対面。
我が家の主な躯体は2×4仕様に2×6標準のカナダ製の窓を取りつけているため、本来ならもう少し出窓のように窓の奥行き(というのかなぁ)が出るはずなのに、少し奥行きが狭いので、窓の内側にシェードやブラインドをつけることが難しいなど、細かいところを指摘していただきました。
せっかく素敵な窓枠だけど、シェードで隠れちゃうけどいいですか?と。

他にもこのデザインにするならあまり柄のない安いものでもOKとか、プリーツスクリーンはコード式が良いかチェーン式が良いかなど、こちらの予算にも気を配りながらメリット、デメリットを的確に教えてくれたので、何の知識もない素人の私達には本当にありがたい存在となりました。

どうやら後で行った家具屋さんの方は、店舗にいらした方はカーテンの担当の方ではなかったようで、担当者に伝える際にいろいろと伝言ミスがあったようでした。
と同時に、打ち合わせ時にこちらがわからないことを質問しても的確な答えが得られませんでした。

やはりこちらは家づくり全般に関して素人ですし、どの分野においても(もちろんHMさんも)専門で知識が豊富な人と打ち合わせないと必要な情報が得られないのだなぁと思いました。

幸いHMの担当者はとても知識が豊富でしたし、わからないことはしっかりと調べて次回の打ち合わせには必ず答えを用意してくれていました。

カーテンも本当にこの人にお任せして良かったなぁという人に巡り合えて本当に良かったです。


そんなわけで、次回からはこだわった部分についてお話していきたいと思います。



本日もおつきあいいただきありがとうございました。
更新の励みになりますので、読んだよのしるしがわりにポチっとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://doofenshmirtz.blog.fc2.com/tb.php/127-11bb0415
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。