上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。
いつもお読みいただきありがとうございます。
少し長い記事となってしまいましたが、お付き合いいただければと思います。

なるべく時系列に沿ってご紹介していこうと思っておりましたが、ここからは各部分のこだわりポイントをご紹介していきたいと思います。

というわけで今回は玄関周辺をご紹介致します。

まず、コチラが、HMを決めた時の玄関周りです。

IMG_2490.jpg
上が北になります。

しかし気になる個所が

玄関を入ってすぐのホール部分。
右下に見切れている和室の押し入れが玄関部分に入り込んでおり、玄関土間程の広さがないのがお分かりになるかと思います。
玄関ホールは百歩譲ってこのままでいいとしても、そこから更に続く廊下は圧倒的に狭い!!!
図面上で測ってみたところ、80cm程度しかありませんでした。
なので、ここは和室を6畳4.5畳に削減し、その分ホールと廊下を広げていただきました。

その結果できあがってきたのがコチラ

IMG_2492.jpg
例によって書き込みがしてありましたので消して掲載しましたが、更にお見苦しくなっているかも

玄関土間とホールが一直線につながり、すっきりと広くなっているのがお分かりいただけるかと思います。
手書きの書き込みにもありますように玄関ホールは私が測ったところ約1.6mに。
続く廊下も広くなっています。

しかしまたまた気になる点が
ご覧頂いてわかりますように、玄関へは西側の階段から入ってくるようになっています。
我が家は西が道路に面しており、コチラのプランですと道路から階段まで数メートルの余裕がありますが(縦向きに車が一台停められるくらい)、車を停める都合上門を設置できないので、道路からすぐに敷地に入ることができます。

また、画像の下には見切れていますが、車の絵が
我が家所有の2台の自動車はこちらに並列で停めることになります。

西側に階段を作ると
・道路から敷地数メートルは来客用の駐車スペースとするため、門などは設置不可→人が入ってきやすく防犯上心配
・車を降りてからわざわざ西側に回らなくてはならず、不便な動線
というデメリットが…。

そのため、階段を南側(画像下側)に変更してもらうことにしました。

本当は西玄関ってあまり良くないと聞いたので、南玄関にできると良かったのですが、車を2台停めるスペースを確保するには南側に玄関を作ることはできませんでした。

というわけで上がってきた図面がコチラ

IMG_2494.jpg

南側に階段が移動し、それに伴って玄関が広くなっているのがお分かりになるかと思います。

ついでに、親子ドアの親と子の位置も交換していただきました。(ちなみに親子ドアも2×6の標準仕様でした)

今までの位置ですと、家から出ようとする人と家に入ろうとする人がかち合った場合ぶつかってしまうのですが、親ドアを奥に配置することによって、その心配がなくなりました。

実はCホームさんの名誉のために付け加えさせていただきますと、一番最初のドアは今回変更したこの向きでした。
しかし、左吊りドアの方が荷物を持った時に右手でカギを開けて、そのまま右手でドアを開けられるため、左吊りに変更してもらっていたのです。
しかし更に熟考を重ね、右吊りに変更しました。

この間取りがほぼ、最終的な玄関の形となりました。


更新の励みになります。
日本ブログ村のランキングに参加しております。
読んだよのおしるし代わりにポチっとお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://doofenshmirtz.blog.fc2.com/tb.php/17-010dd208
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。