上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。

今朝久々にゴミ出しをして(いつもは夫の仕事です)ゴミ置き場まで歩いた時に、思い出したことがあったので、土地の話になりますが、我が家の土地選びのポイントになった点をお話ししたいと思います。

1.ゴミステーションがきちんと確保されていること 
ゴミ出しから思い出した話なので、まずゴミの話からになりますが、ゴミは我が家では結構大きなポイントでした。

以前住んでいたアパートの辺りは、きちんとしたゴミ置き場のスペースが確保されておらず、ゴミの収集日には歩道の一角の決められたところにゴミを置くというスタイルでした。
カラス除けに、ネットが準備されており、ゴミを出したらそのネットをかけておくのですが、賢いカラスはネットを器用に外して中のゴミをあさっているのが常でした
戸数が多いその場所は、カラス格好の場所だったらしく、多い時は20羽近くのカラスが近くの電線や屋根の上に止まってゴミを運ぶ私を虎視眈々と狙っているのです
その集積所近くのアパートだった私は、ゴミの日にはカラスの鳴き声で目覚めることすらありました

その為ゴミの収集時間も早く、あまり朝の早くない我が家はゴミを捨てそびれることもしばしば。

ゴミステーションがしっかりある地区というのは必須条件でした。

2.東西に長い長方形の土地
この形状が第一希望でした。
東西に長い長方形ですと、南向きのお部屋を多く取れます。
東西に長く建物を配置することで、南側ギリギリまで建てずに済み、南側に建物が建っていても日当たりも少しは確保できそうなのでこの形状の土地を探しました。

3.同じ年頃の子供がいること
以前住んでいたアパートは市街地にほど近く、お年寄りや古くから住む方が多い場所でした。
3世代同居も多かったです。
お年寄りが多いので、子供が少なく、子供がいても親は働いていて祖父母が帰宅後の子供の面倒を見ている家庭が多くありました。
そのため、近所の公園に行っても、同じ年頃の子と会うことは滅多にありませんでした。
子供よりもお年寄りが多く散歩しているような公園でした。

幼稚園から帰宅後、一緒に遊べるような子が近所に住んでいるといいなぁと常々思っていました。

小学校も集団登校をしていないので、1年生になった時、いったい誰と登校させたらいいんだろう?という?という悩みもありました。

4.年寄り世帯が多くないこと
2とも関係がありますが、昨年1年間町内会の○○部の役員をしていた我が家。
初めて役員の顔合わせに行った時、そのメンバーにびっくりしてしまいました。

約10人中1人は80歳過ぎのおばあちゃん、そしてもう1人おばあちゃんで参加できないので、別の地区に住む娘さんが参加されていました。
その他のメンバーも60代後半~70代の方ばかり。
私以外で一番若いのが50代後半の女性でした。
役員の中で部長、副部長を決める際もさすがに80代の方にはお願いできず、その他の方も「親の介護で」「妻の介護で」…という状態。
役員会の会合はたいてい夜に行われるので、子連れで夫も土日が休みではなく帰宅が遅い我が家もすぐに引き受けることができませんでした。
役員会の参加はできる時のみ、日中業者さんに連絡などが必要な副部長を半ば強引に引き受けさせられました。

住んでいるからには役員は仕方のないことですが、この地域では今後ますます高齢化が進むでしょう。
3世代同居しているご家庭では、町内会の行事はおじいちゃんおばあちゃんの仕事なのかもしれません。
しかし核家族で住む身としては、こういった地域に住むことは、今後結構な頻度で役員が回ってくることも考えられます。

急激に高齢化が進まないような地区を探しました。


よく土地は100%気にいるところはなかなかないから80%でも気にいったら決めるといいなんて耳にします。
我が家の譲れないポイントは立地の他に上の4点でした。

これから土地をご購入される方は、各ご家庭で譲れないポイントを何点か挙げ、それ以外の多少目をつぶれるところは目をつぶる…ということも必要かもしれませんね。


更新の励みになります
本日もよろしくお願い致します
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://doofenshmirtz.blog.fc2.com/tb.php/20-b50c0197
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。