上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。
少し寒さも緩んできました今日この頃。
今日は我が家の暖房についてお話したいと思います。

高気密高断熱がウリのCホームさん。
私達がよくお邪魔していた展示場は、エアコンと薪ストーブ、それに温水パネルヒーターが設置してありました。
全部フルコースで設置しなくても建物自体は温まるのだと思いますが、お客様にいろいろなご提案をするためだと思われます。

ところでCホームさん。
もちろんお客様のご希望に合わせてエアコンだけでいくのか、パネルヒーターもつけるのか、蓄熱式暖房にするのか選択できますが、暖房機器は最初の見積もりには入っていませんでした。

エアコンパネルヒーター蓄熱式暖房機、それぞれの導入コスト、ランニングコスト、暖かさなどの説明を一通り受け、コストの面からもなんとな~く我が家はエアコンオンリーでいいのかなぁ…という気がしていました。
高気密高断熱のCホームさんですし、最近のエアコンは性能も良くなってますし、無垢の床は合板のフローリングに比べて温かいとも聞きます。
エアコンだけだとちょっと乾燥が気になりましたが、初期費用もかからないし、まぁいいか…と。

実際以前検討したBハウスさんの展示場もエアコンだけで十分暖かかったですし、今はエアコンだけの暖房も主流だよなぁ…と。

夫は少し薪ストーブに憧れもあったようですが、薪の調達などを考えて、やめた方がいいのでは?と忠告していました。
当時住んでいたアパートでは灯油式のファンヒーターを使っていましたが、灯油ですらうまく管理できず、もう無くなるギリギリに買いに行くということが多々ありました。
灯油なら買いに行ってすぐに入手することができますが、薪はそうもいかなそうです。

そんな折、私の父より床暖房の提案がありました。
以前の記事でも出てきている父ですが、床暖房も支給できるというのです。

それまで全く選択肢になかった床暖房。
いろいろ調べてみると、快適性はピカイチのようです。
調べれば調べるほど、魅力的に思えました。
特に寒がりで冷え症の私は、エアコンだけでは足元が冷えるのではないかということが心配になってきました。

いくら和室を作っていても、リビング隣接の和室にこたつは置かないだろうし、せっかくの無垢フローリングに電気カーペットも敷かないでしょう。

心配なのが光熱費でした。

父が勧めていたのは床暖の中でも一番導入コストはかかるものの、ランニングコストがかからないと言われているヒートポンプ式でした。

それまでの賃貸アパートでは、冬場の光熱費は
・電気代 1万5千円
・ガス代 2万円超
・灯油代 約7000円
合計で4万円以上かかっていました。

北国のこちらでも一番ランニングコストのかからないヒートポンプ式の床暖房はそこまでかかることはないと見越して、父が安く卸してくれるということだったので、床暖房を設置することに決めました。

もちろんCホームさんには、施主支給で床暖房を導入したい旨をご相談しました。
私達がお世話になった支店ではそれまで床暖房を導入した家はなかったそうで、担当の方は「当社の家は断熱がいいので、正直床暖房は必要ないと思う」と言われましたが、「寒がりで冷え症なので」と押し切り、導入することにしました。

これが結果的に我が家1つ目の施主支給となりました。(このあとまだまだ施主支給が続くのです)


更新の励みになります。
読んだらクリックお願いいたします
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://doofenshmirtz.blog.fc2.com/tb.php/23-5d53c474
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。