上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。
当ブログにお越しいただきありがとうございます

回想しながら書いているこのブログ。
間取りやプランニングをしていたのはかれこれもう半年以上前になりました。
記憶の糸を手繰りながら、防備録の意味合いも込めて書いています。

実はこっそりこのブログを会社で読んでいる夫は、このプランのご紹介記事を見て「こんな風に図面って変わっていったんだっけ~???」なんて、自分の家であるのに新鮮な気分で読んでいるようです

さて、今回はダイニングの間取りとこだわりポイントについてご紹介したいと思います。
我が家が初め、ダイニングに対して希望していたことは
・ウッドデッキに出られるように、窓ではなくドアをつけたい
ということくらいでした。

広さもダイニングテーブルとイスを置いて食事ができる広さがあれば十分、という認識でした。

今まで間取りとこだわりポイントは別記事にてご紹介しておりましたが、ダイニングについてはあまり広さもなくこだわりポイントも少ないため、一つの記事にてご紹介したいと思います。

それではコチラが初めの図面になります
IMG_2677.jpg

これがリビングの変更に伴い、このように変化します
IMG_2679.jpg

と言っても、とっても違いがわかりにくいですね

リビングと凹凸なくつながり、キッチン側の壁がちょっとだけ出っ張っています。
これは、リビングと接する部分が広くなったため、耐力壁を長くとらなければならなくなったことに起因すると思われます。

書き込みにもありますように、
・ウッドデッキはもう少し狭くても良い
と考えました(経費削減)

それに、ズボラ主婦の私としては、やっぱりフルフラットは無理かも…と弱気になり
・やっぱり対面キッチンとの間はフルフラットではなくカウンターをつけようかなぁ…

そういえば、パソコンってどこに置く?という話から
・ダイニングにスタディスペースをつくりたい

という希望が出て来たので、それを反映する図面を作っていただきました。

それがコチラです
IMG_2682.jpg

ウッドデッキ部分が狭くなり、キッチンとの間にカウンターがつき、ダイニングの右側にスタディスペースとなるカウンターがついているのがお分かりになるかと思います。

キッチンをフルフラット⇒対面カウンターにしたことにより、キッチンの奥行きが短くなり、その分ダイニングが0.1畳広くなっています。


ダイニングの唯一のこだわりポイントであるスタディスペースについてご説明させていただきます。

ここはスタディスペースと言えば聞こえはいいですが、要はパソコン、電話の設置スペースです。
その為このような変則的な形状となっており、図面右下はパソコンを置くために広くなっています。

パソコンと電話機は配線の関係から近くにあった方が良いので、パソコンスペースのすぐ左に電話機を置き、残りの部分がスタディスペースになるでしょうか。

今は幼稚園の子供ですが、いずれ小学校に上がったら、このカウンターかダイニングテーブルで宿題をしてくれるといいなぁと思っています。
うまい具合にダイニングからはテレビも見えませんし、格好の勉強場所になるのではないかと思っています。(勉強してくれるといいのだけれど…)


みなさまの1ポチが更新の励みになります。
ワンクリックよろしくお願いいたします

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://doofenshmirtz.blog.fc2.com/tb.php/28-a59ab662
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。