上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさんこんにちは。

我が家の辺りではもう3月も半ばというのに、例年にない寒さのおかげで家の周りはまだ雪が残り、ここ数日は朝目覚めるとうっすらと雪が積もっております。
それでも日中はだいぶ晴れ間が見えることも多くなり、これでもだいぶ雪は解けました。

そんな環境の中、新たな問題が発生。
先日、ブログを更新しようとパソコンに向かっておりましたところ、急に頭痛と鼻のムズムズが…。

毎年のことなのですぐにわかりました。
花粉症の到来です

そしてその時気づきました。
パソコンのすぐ横の壁にある給気口の存在に

我が家の2×4の標準は第三種換気でした。
2×6の標準はダクトを使った第一種換気(熱交換型)で、追加工事代を払えば第一種換気にすることも可能でした。
当時どうしようか迷いましたが、
・ダクト内の汚れ、メンテナンスが気になった
・機械を使っての換気システムの為、機械の寿命時にはメンテナンスが必要?
・予算のアップ

ということが気になり、第三種換気を採用することにしました。

第三種換気の家に暮らしてみて、実際寒い日などは排気口周辺は風の流れを感じ、寒い感じがします。
Cホームさんの第一種換気は熱交換型なので、第一種換気を採用していればこのように感じることはなかったことと思います。

しかし、ダクトを通していないことによって意外なメリットもありました。
通常Cホームさんで第一種換気を採用すると、ダクトを通す関係から洗面所やトイレの天井高が低くなるそうなのです。
2×6の標準天井高は270cmなのですが、これとも連動してのことなのでしょう。

我が家もオプションで天井高は270cm高にしているのですが、換気システムは第三種の為、洗面所もトイレもダクトが通っておらず、1Fはどこも270cm高となっております(小上がり和室は床が上がっているため実質240cm高ですが)

給排気時の空気の温度差は覚悟していた第三種換気ですが、ここにきて花粉の問題が

私の花粉症歴はかれこれもう5~6年で、弱い薬では効果がなくなってきています
かといって強い薬だと眠くなってしまって…。
外に出る日は強い薬を飲みますが、家の中にいる時はマスクにメガネでなるべく薬を飲まないようにしていました。
そして初めのころは鼻水にくしゃみが主だった花粉症も、最近では頭痛も加わり、鼻水にくしゃみならなんとか我慢できていたものも、頭痛となると我慢できなくなってきていました。

今までは気密も良く、家じゅうぽかぽか暖かで快適だった我が家ですが、花粉に関しては、見事なまでに晴れ間が出てくると一気に給気口から流れ込んできているようです。

給気口に貼るフィルターも売っているようですが、近所のホームセンターでは探すことができなかったので、空気清浄機を購入することに決めました。
もちろんフィルターの方が安価なのですが、やはり2×4で高気密高断熱のお家は乾燥がひどく、リビングに加湿器も欲しいと思っていた矢先でしたので、加湿機能付の空気清浄機にしました。
お友達の家にあって、内心ずっと欲しかったのです

注文してから届くまで日数がありますので、それまでは晴れた昼間はやむなく排気口を閉じてなるべく給気量を減らすようにしています。(夜になったり雪が降って来た時はちゃんと開けてますよ)

しばらくしましたら新しい空気清浄機のレポートもできそうです(笑)


【追記】***記事を読み直して思いましたが、やはり給気口用のフィルターも購入して二重の対策で花粉に臨もうと思います***



本日もおつきあいありがとうございます。
更新の励みになります。
1クリックお願いいたします

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://doofenshmirtz.blog.fc2.com/tb.php/35-f5b383a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。