上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。

本日は地盤調査の結果についてお話したいと思います。

調査結果は調査日からほんの数日後、8月の初めには知ることができました。
手元の資料を見直してみると、調査自体は地元の企業が行っており、調査結果の解析を別会社が行っているようです。

今回は、決定した家の輪郭に基づき、家の東南角、南西角、北西角、北東角、中央部の5か所を調査していただきました。
以前、土地購入の際に土地の登記簿を取った時、この土地の用途は畑と田になっておりました。
実際畑と田として使われていたのは何年も前のことらしく、その後は駐車場として使用したり、空き地となっていたと聞いておりました。
田として使用していた土地は地盤が緩い…とはよく聞きますが、我が家の土地とお隣さんの土地のどの部分が畑でどの部分が田だったのかはわかりません。

結果は…



「表層部に自沈を伴う緩い層の分布が確認されます」
とのこと。

若干の違いはありますが、どのポイントでも1.25m~1.75mまでは、ほとんど回転させずともロッドが貫入してしまうようでした。
ただ、この地点を過ぎれば固い層になるようなので表層改良をすれば良いということでした。

表層改良
聞きなれない言葉でしたがこのような改良のようです。(「家づくりを応援する情報サイト」のリンクとなっております)


元々、地盤改良には50万ほど予算を見ておりました。(営業さんにも50万程度…なんて聞いておりましたし)
それ以上かかった人の話も聞くことはありましたが、とりあえずそれくらい用意しておけば大丈夫かなぁ…と思っておりました。

表層改良。

気になるお値段ですが、Cホームさんの見積もりによりますと77万円超
約80万円もかかる計算になっておりました

内訳は
 ・工事費…約37万円
 ・機材運搬費…9万円
 ・諸経費…約6万円
 ・残土処理…20万円
ということでした。

予算オーバーでしたので営業さんにご相談したところ、「残土処理を頼める業者さんがいればそちらにお願いしてもらっても…」というお話でした。
ちょうど夫の親戚にそういったお仕事をされている方がいらしたので、その方にお願いすることにしました。

ということで、地盤補強費は最終的に50万超。
なんとか予算内に収まることになりました


尚、余談になりますが、上記の残土処理。
当初の予定では設計士さんがかなり多くの残土が出ると予想されていたようですが、実際はかなり少ない残土で済みました。
具体的な数値を忘れてしまったのですが、確か2tトラックで20往復位必要だと言われていたのが、結局2往復で済みました。
後日Cホーム営業さん、設計士さんからは丁重に謝られましたよ


本日もお付き合いいただきありがとうございました。
更新の励みになります。
こっそり読んでるよのおしるしにポチっとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://doofenshmirtz.blog.fc2.com/tb.php/43-84e59365
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。