上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。

今回は窓のお話しをしたいと思います。

Cホームさんと契約後、カナダから取り寄せが必要なものは割と早い段階で決めなければならないと言われていました。
我が家はその一つが窓です。(というか、他にカナダ製の部分はあったかしら
こちらの記事でもご紹介したとおり、我が家は標準の使用からグレードアップして、カナダ製の樹脂サッシを入れることにしていたためです。

我が家には数えてみたところ、23枚の窓があります。
一軒の家としては多い方でしょうか!?
窓は多ければ多いほど、開放感も出ますが、外気の影響を受けやすかったり、カーテン代が嵩むというデメリットもあったりします(笑)

我が家が特に窓に希望したことは、
・ダイニングから庭に出られるようにしたい
・リビングからも庭に出られるようにしたい

IMG_2875.jpg

・寝室と子供部屋(南)に、ベランダに面する窓が欲しい
IMG_2876.jpg
ということくらいでした。


なので、打ち合わせの中で営業さん「どこを透明な窓にして、どこをくもりガラスにしましょうか?」と言われるまで、全くくもりガラスのことは頭にありませんでした。

我が家は北から2軒目なので、北側にも南側にも家が建っています。
「北側はほとんどくもりガラスにした方がいい」とアドバイスをいただきました。

でも。
くもりガラスってなんだかイヤ。
あの見た目も質感もイヤだし、なんだか暗そう。

しかし家の北側に配置し、なるべく人目を避けたい
・洗面所(服も脱ぐし)
・トイレ(1,2階共) 
はくもりガラスにすることにしました。
・シューズクロークの北側窓も常に目に入らないし…ということで、ここもくもりガラス。

着替えたりもするしなぁ…と思い、ウォークインクローゼットの中の北側の窓も。
ウォークインクローゼットには東側にも窓があります。
ここはどうしよう???
我が家は東側にも家が建っています。
むしろ北側よりも東側のお宅の方が距離は近そう。。。
東側も一旦はくもりガラスに…と決めたのですが、例えくもりガラスにしてもここにはブラインドをつけそう。
そう思ったので、結局ブラインドをつけるのなら!と透明のガラスにすることにしました。

これは住んでからわかったことなのですが、全体的に乾燥しがちな我が家に置いて、なぜかウォークインクローゼットの中だけ湿度が高めです。
常に除湿機を置いて、湿度が高くなれば作動させるようにしています。

我が家は東側がうまい具合にお隣とは重なっておらず、(ちょうどお隣のお庭の部分に建物が建っています)東側から朝方はとても陽が差し込みます
ちょっとじめじめしたウォークインクローゼットに日の光を入れる意味でも、ここは透明のガラスにして、本当に良かったです。


そして、窓ガラスも決め終わって数回打ち合わせを重ねた後。

打ち合わせ中に、建物の外観図を見ていた夫が気がつきました
「あれ!?窓の格子は外観図にはつかないんですか???」と。

いかにも輸入住宅の格子窓に憧れていた夫。
よくぞ気がつきました。

なんと営業さん「格子窓は別途料金がかかるですが…」と。

モデルルームも、パンフレット関係も格子窓が普通に使われていたのですっかり盲点でしたが、格子窓はオプションだったんですね~。

私は道路から見える西側の窓だけを提案しましたが、夫は西側だけでなく南側もと主張。

特に私は子供部屋に格子窓は、勉強机に格子の影ができて気になるんじゃないか?と意見しましたが、彼の意思は固く、結局西側の3窓と南側の4窓(ベランダに通じるはきだし窓とダイニングから出入りできるドア以外)は格子の窓となることになりました。
差額は7か所で約7万円。(窓の形状により単価も異なりました)

実際住んでみると、レースのカーテンを全開にして過ごすことも少ないので、格子の影が気になることはありません。
むしろ、窓の格子があろうとなかろうと、室内にいる限りは視界にも入らないというのが正解かもしれません
しかし、外からは格子がよく目立つので、外観を重視する方には輸入住宅度を上げる重要なアイテムだと思います。


本日もおつきあいいただきありがとうございました。
ブログ村のランキングに参加しております。
あなたの1ポチが更新の励みになりますので、バナーのクリックにご協力くださるとうれしいです。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://doofenshmirtz.blog.fc2.com/tb.php/58-08b48cdc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。