上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。

いよいよ家づくりのお話も中盤、クロス選びについてお話していきたいと思います。

打ち合わせ時に分厚いクロスのカタログを渡されたのは夏真っ盛りの8月の頃でした。
そして「10月中旬位までに決めてくださいね」とのことでした。
「いよいよだ」と、ワクワクした覚えがあります

我が家が契約したプランでは、トイレと洗面所には大きなカタログから、それ以外の部分には小さいカタログから…が標準でした。
ということで、サンゲツのリザーブとリリカラのLightのカタログに、リリカラとサンゲツのベース用の小さなカタログ、それにサンゲツとリリカラのクッションフロアのカタログも一気にお借りして、ただでさえ狭い、当時のアパートは更に狭くなってしまいました

それでも具体的に新居をイメージできるクロスのカタログは見ていてとても楽しく、場所を取ることも忘れて、毎日時間があると眺めては付箋を貼るということが続きました。

でも、ほんのハギレサイズのサンプルでしかないカタログ。
見る度に印象が違って、昨日は良いと思っていたクロスが今日はなんかちょっと違う。
私が良いと思っていたクロスを夫はイヤだと言う。
…なんてことが続き、もうちょっと別の選択肢はないものかとネットで検索。

サンゲツにはリザーブの他にファインというカタログが、リリカラにはWillというカタログもあるとわかりました。
担当さんに聞いてみたところ、こちらから選んでも良いということで、これらのカタログも取り寄せていただきました。

そして、また家に分厚いカタログが増えました(笑)

いろいろなカタログを見て、夫婦の間でなんとなく方向性が見えてきました。
・基本的に1階のLDK、ホール部分はベースのカタログから白系を
・和室は大きなカタログから
・洗面、トイレはなるべく防水や消臭の機能があるものを
・寝室も大きなカタログから
・2階の洗面コーナー回りも防水等の機能があり、少し濃いめの色を
・子供部屋は大きいカタログから1面だけアクセントクロスを、その他3面の壁はベースのカタログから
・トイレかどこかに、ケーシングを入れて上下異なるクロスにしたい
・1階と2階のトイレは似たようなテイストで(色違い!?)


しかし、担当さんから、またまた思ってもみなかったことを指摘されました。
「壁に凹凸がある場合、凹の部分で違うクロスに張り替えることはできるけれど、凸の部分で違うクロスに張り替えることはできない」
のだそうです。

意味、わかるでしょうか?
例えば、我が家の2階の洗面コーナーは
IMG_2704.jpg
このように階段側の壁と寝室側の壁に囲まれた奥まったスペースにあるのですが、洗面スペースにあたるコの字型の内部に周りのクロスと違うクロスを貼ろうとすると、継ぎ目が壁の凸部分に当たるため、はがれやすくなってしまうということでした。

同じように仕切り無しでリビングとつながっている小上がり和室。
IMG_2669.jpg
押入横の壁まででクロスを切り替えたかったのですが、ここで切り替えるとやはり壁の凸部分での切り替えになってしまいます。

素人では思いもよらない観点でしたが、クロスの柄と共に切り替えの箇所も考慮しながらクロスを選ぶことになりました。


本日もおつきあいいただきありがとうございました。
ブログ村のランキングに参加しております。
更新の励みになりますのでポチっとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://doofenshmirtz.blog.fc2.com/tb.php/76-77bdaf61
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。