上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。
いつもお読みいただきありがとうございます。

本日はユニットバスを決めるお話の続き、バスルームの色についてです。(昨日は話が長くなってしまいそこまで書き終われませんでした

以前記事にしました通り、我が家はユニットバスの床をオプションのグラニット色のいずれか(グラニットグレーorグラニットブラウン)にすることに決めていました。

IMG_2962.jpg
ラ・バスのカタログより

イマイチ写真では色がわかりにくいですね
こちらの画像で言うと左からライトグレー(標準)、グラニットグレー(オプション)、ベージュ(標準)、グラニットブラウン(OP)で、グラニット色の濃さはお分かりいただけるかと思います。

我が家で選択したラ・バスでは、バスルーム入って正面の鏡などある壁がアクセントパネルとなり18種から選ぶことができ、残りの3面の壁のベースパネルは2種類から選べました。

ベースパネルの方はマットホワイトか少し艶と共にうす~く横のラインが入った物のいずれかから選ぶということで、少し艶がある方がよく見えたので簡単に決まりました。

問題はアクセントパネルです。
床が濃いので敢えて、似たような色味にするか、床とは違って薄い色にするか…。

夫は木目調のパネルはイヤだということなので、木目調の3種類は却下。
夫の一押しはグラニットグレーの床に黒いアクセントパネル。

こちらがショールームの模型を使ってシミュレーションしたものです。
真っ黒ではなく、黒の濃淡で模様がついているアラベスクというパネルです
縮

でも、どうも私は黒いアクセントパネルは狭く見えそうだし、ちょっとモダンな感じがしてあまり好みではありません。

じゃあ白系は?と試してみたのがコチラ。
真っ白ではなく、マーブル模様の入ったマーブルホワイトというパネルです
縮2
かな~りシンプルです。

このあともピンク系?グレイ系?などいろいろ試し、浴槽の色も白の他にピンクなどいろいろと試してみました。
ちなみに浴槽だけでなくカウンターや浴槽のエプロンと呼ばれる側面の部分もホワイトかブラックを選ぶこともできました。
が、なかなか夫婦ともにピンとくるものがなく…。

床の色をグラニットブラウンに変えてみました。
床の色をブラウンで、木目調がダメとなると、なかなか合う組み合わせのものなく、ベージュにするとこんな感じ
縮3
少し優しい色合いになるでしょうか。

いろいろ組み合わせていくうちになんだか自分達でもなんだか分からなくなってしまって…。
後日、パソコンによるシミュレーションの資料を送っていただくことにして、その日は色を決定しませんでした。

そして後日送っていただいた資料がコチラです。
先ほどの順に掲載しますと
IMG_2963.jpg  IMG_2964.jpg  IMG_2965.jpg

こうしてみると、一番右のブラウン系はどうもすっきりしませんので、一番に却下。
濃いブラウンの床にはやっぱり木目調が一番合うのでしょうね。

左の黒はやっぱり一番すっきりして見えますが、どうにも狭く見えるのが気になります。
やはり一番広く見えるのは真ん中の白ですが、この資料で見るとどうもアクセントパネルの模様も見えづらく、真っ白なお風呂場…という感じに見えます。

が、広く見えて、明るいお風呂が良いなぁと思ったので、アクセントパネルはマーブルホワイトに決定することにしました。


本日もおつきあいいただきありがとうございました。
更新の励みになりますので、読んだよのしるし代わりにポチっとしていただけると嬉しいです


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://doofenshmirtz.blog.fc2.com/tb.php/78-bc1b65b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。