上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。

本日はレンガとレンガ目地の色を決めたお話を…。

我が家がレンガを貼ったのは、外壁キッチンのコンロ前の2ヵ所です。

コンロ前の方は簡単に決まりました。
一応汚れが気になるので、なるべく濃い色で。

IMG_2886.jpg
ちなみにコチラが色のサンプルです。

比較的薄い色が新色で、濃い色が従来品と同じでしたので、コンロ前についてはレンガが10枚程度貼られたサンプルボードを見て決めることができました。

この従来品の3色。
一番上は濃い色と薄い色の色ムラがあるタイプ。

真ん中は濃い色一色。

一番下はこの中では一番薄い色です。

この中から選ぼうと思っていましたが、夫が「こっちでもいいんじゃない?」と言ったのがコチラ
IMG_3013.jpg

一見同じになるかもしれませんが、先の画像がブリックスクエアレンガ。
いわゆる普通の四角のレンガです。

そして下の画像はロックフェイスレンガ。
つまり表面がきれいな四角ではなく、人為的にランダムに削ってあります。
その為レンガ内部の色が見えており、上の画像では色ムラが見えていた一番上のレンガもロックフェイスにするとあまり色ムラが感じられず、逆に一色べた塗りのようだった真ん中のレンガがロックフェイスにすると色ムラが出てきます。

お値段的にはロックフェイスの方が若干高かったのですが、本当に若干でしたし、コンロ前くらいの狭い面積ならこういった遊びゴコロがあっても良いのでは?と思い、ロックフェイスのタイプにすることにしました。

更に、キッチンに使用するレンガは濃い色と決めておりましたので、より色に深みのある一番上の‘チョコレート’というとってもおいしそうなお色に決めました。

コンロ前という、汚れがつきそうな場所でしたので、目地もグレーをセレクトしました。


そして外壁。
こちらは面積も大きく、家の外観を大きく左右しますので、サンプルのボードが出来上がるのをギリギリまで待ったのですが、私達がレンガを決めなければならないリミットまでにサンプルボードが出来上がってくることはありませんでした

つまりはこの印刷されたものと、スクエアのレンガ2個を見て決めなくてはならず…。
色ムラがある方が、本当のレンガっぽくて良いのではないかということで夫と意見が一致しましたので、初めの画像の右上のお色‘セント・ミカエル’をセレクトしました。

目地は夫のたっての希望でアイボリーに。

そうして希望を出したのですが。
私はいろいろなレンガ外観のお家をパンフレットや画像で見ているうちに、白系の目地ではレンガ1枚1枚が浮き上がってくるように見えるのがどうしても気になってしまって…。
view_upload_image_file_webCANEJH4I.jpg
CホームさんのHPよりお借りしました

1枚1枚レンガがはっきり見えすぎちゃって、大量のレンガがいっぱい貼ってあって、見ているうちに気持ち悪くなってきちゃったんです

それに、我が家の場所は古い住宅と新しい住宅が混在する地域。
新築の家は数多くありますが、レンガ造りのお家は辺りにはありません。
ちょっとイヤな浮き方をしてしまわないかなぁという懸念もありました。

というわけで夫も説得し、目地をグレーに変更。
目地は施工までまだまだ時間がありましたので、変更することができました。
担当さんも「このレンガには正直グレーの方が合うと思います」と言ってくださったので、安心してグレーに変更しました。


本日もおつきあいいただきありがとうございます
コメントも少ないので、読んでるよのしるし代わりにポチっとしていただけると更新の意欲になります
web内覧会までブログを続けられるよう励ましをお願いします(笑)

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://doofenshmirtz.blog.fc2.com/tb.php/88-d714df33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。