上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新に少し時間が空いてしまいましたが、HM選びの続きです。

3つのHMさんに間取りと見積もりの作成をお願いすることとなった…というところまでが前回のお話。
当初は夢と希望にあふれた、望みいっぱいのマイホーム計画でしたが、3つのHMさんに要望をお伝えしていくうちに、予算はかかってもこれだけは…という、譲れない点がはっきりしてきました。

外観
 ・なるべく洋風 一部、または(予算が御許せば)全体にレンガを使いたい

設備
 ・トイレは1,2階に一つづつほしい
 ・洗面台も1,2階に一つづつほしい
 
和室
 ・リビングに隣接する和室
 ・小上がりにして、上がった部分に引き出しの収納をつけたい
 ・将来的に仏壇を置けるスペースを確保

間取り
 ・1階にリビングと和室、2階に寝室、子供部屋×2の4LDK
 ・玄関にはシューズクローゼット
 ・キッチンにはパントリーとなる小部屋
 ・2階にウォークインクローゼット
 ・キッチン作業台は広めで

その他
 ・ウッドデッキをつけたい
 ・車は常時2台、来客用1台を停めるスペースが欲しい


どのHMさんにもこの条件で間取りを作っていただきました。
どこのHMさんも約60坪の土地に対して40坪程度のプランを作ってくれました。

途中、私の実家に置いてあるグランドピアノを新居に持っていってほしいという要請があり、ピアノも置くスペースを取ってほしいと要望に付け加えたことで、各HMさんと更に打ち合わせが必要になりました。

この「ピアノを置く」ということについて、各HMさんの見解が違っていて、その見解からもそれぞれのHMさんの特徴が垣間見えた気がしますので、その見解と共に各HMさんの構法や間取りの特徴をご紹介したいと思います。

Bハウスさん
 在来工法で比較的間取りには自由度が高い
 断熱性能にレベルがあり(もちろん値段に反映)、好きなレベルを選べる
 洋風の外観はあまり得意ではないようで(設計者が!?)、洋風を要望してもモダンな提案
 グランドピアノは1階に置くべきで2階は考えられない(もちろん補強が必要)
 グランドピアノを置きたいという話が出てからも、あまり施工面積を広げられず、あまり良い提案をしていただけなかった

Cホームさん
 キャンペーン中につき外観の全面レンガを無料で施工できる
 高気密高断熱の2×6または2×4を選択できるが間取りの自由度は低い
 グランドピアノは置くなら1階(もちろん補強は必要)
 グランドピアノを置きたいという話が出てから、施工面積を広げ、リビング奥にピアノを置くという画期的な提案をしてくれた
 ウッドデッキは予算の関係から天然の木の物を提案

Dホーム
 Dホームのフランチャイズ店で、輸入住宅を扱う工務店
 2×4で間取りの自由度は低い
  見積もりの算出がHMとは違い工務店方式で、必要以上には取られていないという安心感がある
 グランドピアノは補強をすれば1階にも2階にも置くことは可能 
 グランドピアノは1階の施工面積を広げた部分(リビングの一番外側)に置くことを提案
 ウッドデッキは耐久性の面から樹脂製を提案 

大まかにはこんな感じで話が進んでいきました。

見積もりはBハウスさんが一番高く、次いでCホームの2×6、Dホーム、Cホームの2×4という順でした。

part3に続きます。。。


更新の励みになります。
読んだよのしるしにポチっとお願いします
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://doofenshmirtz.blog.fc2.com/tb.php/9-68727a3b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。