上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。

本日は、キッチン部分のお話をしたいと思います。

我が家のキッチンはこんな感じの間取り。
IMG_2691_20120306112237.jpg

冷蔵庫と食器棚は新婚時代に買った、手持ちのものを入れられるように設計していただきました。
当時はあまり深く考えず、賃貸マンションの対面キッチンに入るサイズを…と探し求めて買ったので、色<<<サイズ優先。
しかし、奇しくも冷蔵庫はシルバー、食器棚は淡いグレーで取っ手がシルバーと、うまい具合に色合いが合っています。
新居の我が家のL字型キッチンの天板は、ステンレスの予定ですので、冷蔵庫、食器棚、キッチン上部(それに、レンジフードも)は全てシルバー系の色となります。

そしてコンロ前にはチョコレート色のロックレンガ。
IMG_3013.jpg
画像の一番上です

コンロ前はレンガで、キッチンがシルバーなので、イメージとしてはちょっとオシャレなオープンキッチンのレストランです

床は無垢メープルに近い合板フローリング。
IMG_2763.jpg
実際の床です。画像右側がキッチン部分、合板フローリングになります。

コンロ前以外の壁、カウンターの立ち上がり(スパイスラックの周り)と、シンク横の壁(カウンター立ち上がりと同じ高さまで)は標準仕様で選べるイタリア製正方形タイルorキッチンパネルで迷いました。
白いタイルはとっても素敵で是非とも採用したいところでした。
しかし、我が家のキッチン天板からカウンターまででタイルかパネルを貼る高さは約17cm。
しかも60cm幅のスパイスラックを3ヶ所につけるので、せっかくタイルを使っても、元の形のままは貼れず、ほとんどをカットしなければならず、つぎはぎの様になってしまうとのことだったので、キッチンパネルを採用することにしました。

仕上がりを見ると、これで正解でした。
スパイスラックが3ヶ所も開いているので、ニッチ以外の部分はフラットにした方がすっきり見えますし、コンロ前が目地入りのレンガですので、それ以外の部分は目地が必要なタイルにするとごちゃごちゃして見えていたのではないかと思います。
ちなみにこのキッチンパネルは初めベージュ系にしようとしていましたが、注文前に廃番になってしまったとのことで、クロスに合わせたホワイトにしました。
これも結果論ですが、冷蔵庫側、パントリーに続く壁やシンク横のカウンターより上の部分の壁のクロス、リビングとの仕切りドア、パントリーとの仕切りドアも全て白なので、敢えて余計なベージュを入れるよりもホワイトで統一して良かったです。

キッチンとダイニングを仕切るカウンターと、ダイニングにつけたスタディスペースカウンターは、手持ちの家具の色に合わせ、同じ濃茶で塗装していただきました。
家具に合わせてこの色にしたつもりでしたが、今となってみるとむしろ、コンロ前のレンガといい感じに色調が合っています。

さて。
肝心のキッチンの収納扉の色は何色にするか。
・クロスに合わせてホワイトにするか(ホワイトの場合、扉のグレードは1ランク下げます)
・レンガに合わせた濃茶にするか
・好きな色のにするか

ギリギリまですご~く悩んだのです。

白なら安くできるし無難だよな~とか。
レンガに合わせて濃茶が良いかなぁ、でも暗くならないかなぁとか。
赤、好きだけど派手かな???飽きたりしないかな?とか。

しかし担当営業さんにサラっと言われた「赤、いいんじゃないですか?」に背中を押され、大好きな赤いキッチンにすることにしました

今では赤いキッチン、本当に気に入っています
レンガの濃茶に真っ赤がいい感じで栄えますし、家で使っているル・クルーゼの赤いお鍋や、ティファールの赤いフライパン、鍋との相性もGOODです


本日も長らくおつきあいいただきありがとうございます。
更新の励みになりますので、読んだよのしるしがわりにポチっとお願いいたします。
ご質問、感想、ご意見などのコメントもお待ちしております。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://doofenshmirtz.blog.fc2.com/tb.php/95-c7c25c87
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。